生沢 徹さん
生沢 徹さん
クルマ好き、レース大好きな人には、生沢さんについて説明するのは釈迦に説法のようでありますが、生沢さんは1960年~1970年にかけての花形レーシングドライバーでありました。 とってもクールな態度、そっけない話しぶり、合理的な行動のため誤解されることや、ケンカになることも多いが、じつはとても優しくて気配りをする人なのだ。つまりちょっとガンコでワガママなだけなのである。このインタビューのときは極秘でF1レーシングチームを作ろうとしているときで(結局ダメになったけど)なかなかおもしろい話を聞いた(けどほとんど忘れてしまった…)。ちょっとした仕掛けを作って二重露光撮影をした。 どんなふうに写るのか生沢さんは撮影中、ずっと気にしていました。エエかっこしいですからね、生沢さんは。 ブロニカSQ-A、40mmF4、RDPⅡ
Next
Prev Next